FC2ブログ

里之宮 湯殿山神社

author photo

Bymiyukikai

mark.gif
jinjya01.jpg



一世紀のあゆみ

山形の近世に確かな変遷の歴史を刻み、
県都の鎮守として親しまれ、尊ばれる社。


 明治九年、初代山形県令三島通庸は、県庁舎の建設の地を山形市旅篭町の万日河原と定め、その地鎮祭を行うにあたり、田川郡湯殿山に鎮座する国幣小社湯殿山本宮の口之宮本導寺湯殿山神社より分霊を勧請、旅篭町雁島に祀りました。
 翌明治十年十一月、正面三層楼の洋館県庁舎が完成開庁すると、周辺には師範学校、警察本部、郡役所、銀行などが次々と建ち、雁島の湯殿山神社は、県庁のみならず山形中心部の鎮守と仰がれるようになりました。
 明治十二年には県社に列せられ、明治二十五年、旅篭町の秋葉山神社を合祀、さらに後年黄金山神社を合祀してますますの信仰を集めてきました。また、城下町山形の伝統ある「市神」を勧請し境内社として祀り、毎年初市には近郷近在からの参拝も多くなりました。
 明治四十四年、山形の中心部から北部にわたる大火のため、県庁、市役所等々と運命をともにして類焼。本殿が仮拝殿とともに新たに完成したのは大正四年、拝殿が完成したのは昭和十一年のことでした。

haguro.jpg

三神合祭殿(月山、羽黒山、湯殿山の三神を祀る)

ganjima.jpg

旅籠町 雁島 湯殿山神社(昭和十二年頃)

atomiya.jpg

湯殿山神社 跡宮(山形市役所内)


 昭和五十四年九月、山形市より新庁舎建築のため湯殿山神社移転の要請を受け、五十五年十一月、湯殿山移転建設委員会が発足。五十六年九月に地鎮祭が行われ、着工以来一年七カ月、現在地に新社殿および、末社市神神社、神門、社務所参集殿の造営が完成しました。
 このように、山形県庁の鎮守として勧請建立された神社でしたが、次第に地方民衆の崇敬するところとなり、今や県都山形の鎮守として仰がれ、尊ばれています。
 近年注目を集めているのが、境内に鎮座する「願い牛」です。子宝・安産祈願に御利益があると評判で、雑誌等にも取り上げられました。
 毎年一月一日の歳旦祭では、初詣に多くの参拝客を集め、十一月のゑびす講大祭も「熊手市」で賑わいを見せています。また、神輿の会「神幸会」は、氏子による番組と崇敬会の総勢一七〇名を数え、例大祭の前日より禊行にて身を清め、本祭当日には近辺を練り歩いた後、神輿を奉納。威勢のいい掛け声が界隈に響きます。
 隣接する旧県庁跡地は「文翔館」として、旧県庁舎、県議会議事堂、庭園などが改装・整備され、町の中心部にあって様々な催しが行われたりと、市民の憩いの場になっています。

ushi.jpg

願い牛(子宝・安産祈願)

tokirin.jpg

09012603.jpg

五月十八日の例大祭には、神幸会よる「神輿渡御」が行われる。


bunshokan.jpg

文翔館(旧山形県庁)

oomae.jpg

湯殿山神社(大前)






市神神社(いちがみさま)

市神は恵比寿神としても信仰を集め、
正月に立つ初市で、城下町山形の一年が明ける。


 山形の名物である初市は、近郷近在から数万の人々が群れ集まり、縁起物を買って帰るのが慣わしでした。今も昔をしのぶ大きな年中行事の一つです。この初市の中心をなすのが「市神」。そのご神体は安山岩の自然石で、羽州山形七福神のひとつ「恵比寿神」としても知られています
 江戸時代に発行された「東講商人鑑」にある当時の山形城下絵図にも、十日町四辻にこの市神が描かれています。「この石は山形城下の町割をする時のかなめ石であったため、これを神聖視して市神と崇む」とあり、山形の町にとって大切な石として注連縄を張り、毎年正月十日に、市神を中心にして立つ市を「初市」と呼びました。
 明治六年(一八七三)、山形県庁からの布令に基づき「通行人の妨げになる」との理由から、山形の市神は早速取り除かれました。掘り出した自然石の市神は、当時の県庁(三の丸跡に所在)へ運ばれたのですが、撤去作業を指揮した県の役人が、即日事故死したため、人々は市神様の祟りだと語り合ったといいます。

ichigami.jpg

市神はその後、県庁構内に放置され手を触れる者さえありませんでした。しかしその時、県庁舎は旅篭町(現・文翔館)に新築され移転が決定していました。「県庁が移転すれば市神だけが残っしまう」と、旅篭町の人々が相談し、県に願い出て承認を受け、これを雁島の湯殿山神社境内に移転建立したのです。
 それ以来、俗に十日市と言われ、十日町に立った初市は、市神様にお参りするため、十日町から横町(現・本町)、七日町、旅篭町へと立つようになったのです。 山形の名物である初市は、近郷近在から数万の人々が群れ集まり、縁起物を買って帰るのが慣わしでした。今も昔をしのぶ大きな年中行事の一つです。この初市の中心をなすのが「市神」。そのご神体は安山岩の自然石で、羽州山形七福神のひとつ「恵比寿神」としても知られています
 江戸時代に発行された「東講商人鑑」にある当時の山形城下絵図にも、十日町四辻にこの市神が描かれています。「この石は山形城下の町割をする時のかなめ石であったため、これを神聖視して市神と崇む」とあり、山形の町にとって大切な石として注連縄を張り、毎年正月十日に、市神を中心にして立つ市を「初市」と呼びました。
 明治六年(一八七三)、山形県庁からの布令に基づき「通行人の妨げになる」との理由から、山形の市神は早速取り除かれました。掘り出した自然石の市神は、当時の県庁(三の丸跡に所在)へ運ばれたのですが、撤去作業を指揮した県の役人が、即日事故死したため、人々は市神様の祟りだと語り合ったといいます。

hatsuichi.jpg

「山形市初市」細梅久弥画(湯殿山神社所蔵)




◆御祭神
大山祗命
大名持命
少彦名命
秋葉山大神
黄金山大神

◆境内神社
末社 市神神社(ゑびす様)
御祭神 八重事代主命





四季折々に催される神事、祭に、皆様でお参り下さい。

年中行事

■ 月次祭 毎月一日・十八日
■ 歳旦祭 一月一日
■ 市神社例祭 一月十日
■ 節分祭(厄除) 二月三日
■ 春祭(祈年祭)三月十八日
■ 例大祭 五月十八日
■ 大祓(夏越祓)六月三十日
■ 七五三祭 十一月十五日
■ 秋祭(新嘗祭)十一月十八日
■ ゑびす講大祭 十一月二十三日
■ 大祓式除夜祭 十二月三十一日

ema.jpg




日々の健康や安全、厄除け等のご祈祷に、ぜひご来社下さい。

神前祈祷

■ 初宮まいり
  男児(三十一日目) 女児(三十三日目)
■ 七五三まいり
  男女三才(髪置・かみおき)
  男児五才(袴着・はかまぎ)
  女児七才(帯直・おびなおし)
■ 厄除(数え歳)
  男・二十五才/四十二才/六十一才
  女・十九才/三十三才/三十七才
■ 交通安全 自動車・バイクのお祓い
■ 商売繁盛
■ 家内安全
■ 交通安全
■ 旅行安全
■ 病気平癒
■ 合格祈願
他、各種祈祷

09012601.jpg




物事の始まりと行く末を祈願する式祭典等に、出向いたします。

出張祭典

■ 地鎮祭
■ 起工式
■ 上棟式
■ 落成式
■ 開店開業清祓
■ 新宅清祓
■ 解体清祓
他、各種祭典

09012602.jpg





yane.jpg

kanban.jpg

komainu.jpg

sando.jpg

里之宮 湯殿山神社
〒990-0047 山形市旅篭町三丁目4番6号(文翔館西隣)
電話番号 023-633-1810 ファックス 023-633-1860


大きな地図で見る

二礼二拍一礼
Share

Comments 0

Leave a reply